• HOME
  • >
  • hair salon Gallica 考え

  

  
 

『hair salon Gallica』では、カットで髪質を改善するということを約束しています。


カットで髪は必ずキレイに変えられるんです!
現代の女性の髪は、様々な要因でダメージが出ています。
そのダメージは、トリートメントをしなくても、カットの技術があれば無くせる上に、再発しにくくなるんです。


万が一、それを感じられなかったという方には、約束を果たせなかったということになりますので、返金という保証をさせて頂いています。


美容室で勧められて何となくトリートメントをしていませんか?
もしかしたら、それは必要ないかもしれません。


まず、美容室のトリートメントと、お家でのトリートメントは何が違うのか?説明していきたいと思います。


トリートメントの主な効果は、
①ダメージによってなくなった髪の成分の代わりに、内部を補修する働き。
②それを閉じ込める働き。
③表面をコーティングして、傷みから守り髪をきれいに見せる働きの3つが基本的なトリートメントの働きです。


お家でのトリートメントは、一つでそれをまとめてやるもので、サロンでは、数種類のトリートメントを使いそれぞれの働きに合わせて施術していきます。


ですので、美容室でやるトリートメントは、ダメージに合わせながら施術でき、なおかつ、効果が高くなっています。単純な考えだと①②③を別々にするので、効果が3倍以上になります。


こう聞くとトリートメントはいいのではないかと思うかも知れませんが、問題はその“もち”です。


トリートメント剤にもよるので一概にも言えないのですが、カラーよりもかなり抜けやすいです。


カラー剤はキューティクルの隙間から髪の中に入り、その中で色の粒子が反応し、くっつき、大きくなっていくことで、外に出られなくなります。
トリートメントには、基本的に髪の中に入りくっつくダケなので、シャンプーするたびに落ちていき、僕の感覚ですが、1週間位しか持たない物が多いと思います。


特に、市販のシャンプー等の洗浄力が強い物を使っていたらあっという間に、もとに戻ってしまいます。トリートメントは髪がもとに戻る訳でなく、一時的に代わりの成分を入れるだけなので、日常的にきれいにしておきたいとなると、あまりオススメではありません。特に傷んでる人ほど落ちやすい!


カットで髪が傷まなくすれば、枝毛もなくなりツヤも出るので、高いお金を払ってトリートメントはしなくても大丈夫になる場合がほとんどです。


髪質を活かしていけば、特別なことはしなくても美しく見えます。


ですので、トリートメントは成人式や結婚式などの特別なイベントの前にやるのが良いですね。

ずばりカットで髪は傷みます!
カットで傷んだ髪にカラーやパーマをすると更に傷みます。


ただ、カットで傷みにくい土台を作れば、カラーやパーマのダメージも最小限に抑えることが出来るのです。


このまま、シャンプー、ドライ、ブラッシングをすると毛先から髪の成分が抜けていったり、枝毛が広がっていきます。特に髪の量が多い人は、重さをすくので、切り方が悪いと中間から傷みがでます。


そうした人が美容室でトリートメントをしても、すぐに効果がなくなります。


一部、基本的な技術について説明します。


まず、切る瞬間の切り方です。長さを切る瞬間は押して切らず、必ず引きながら切っています。


お寿司屋に例えます。すし職人さんは、ネタを押し切ることはしません。押して切ると、細胞が潰れうまみが逃げるそうです。引きながら切ることで断面もキレイになる。本当にうまい人だと、切り方によって食感、醤油がつく量までコントロールするそうです。




押し切りされた髪の断面は、切れたとしても斜めになり外部に触れる面積が増えるので、そこからタンパク質が流出して、枝毛になりやすくなります。


もちろん、ハサミの切れ味も大切です。出来るだけ切れるもので、きちんと研がれているのも大事。


髪をすく際は、出来るだけ髪の量を少なくして切っています。


分厚い雑誌を、ハサミで一回で切ろうとすると雑誌はグシャグシャになってキレイに切れません。ですが、切りたいページだけ一枚とって切るとキレイに切り取れる。


髪も同じで、出来るだけ髪の厚みを薄くして切ってあげた方が、断面がキレイになります。


コーミングも絡まった毛を無理に梳かしたりすると、キューティクルがはがれたり、亀裂が入ったりします。


もしずっと傷んでいるけど、なぜか分からない方がいたら、それはカットに原因があるのかも知れません。


きれいな髪は絶対に、自分自身をキレイに見せます。メイクはばっちりでも髪がバサバサだと手入れの行き届いていない人に見えますからね。


今回紹介したこと以外にも、工夫してダメージをさせない切り方をしています。傷ませないだけでなく取り除くという切り方もあります。


ただ、以前カットした人のダメージが残っている場合もあります。


ですので、“ 3回 ” 来て下さい。


続けて来て頂ければ、徐々に髪が変わっていくのが分かると思います。

Gallicaがオススメしている。“ グレージュカラー ” はブリーチをしなくても、外国人のようなグレーっぽい透明感のあるカラーになるんです。
通常の美容室のカラーとは何が違うのかというと、カラーは基本的には、髪の色を抜く薬と、カラーの色を入れる薬が混ざったもので出来ています。単純に言うと色を抜く力50%・色を入れる力50%=100%の薬が通常のお薬です。
それでは限界があり、通常色素が薄くはならないんです。


Gallicaでは、通常の150%までカラーの効果を高めて、カラーしていくことが可能です。
ですので、ブリーチをしなければ出なかった透明感が出せるんです!


毛髪科学・色彩知識・薬剤知識


様々なことを、計算し、髪の状態に合わせて細かく薬を調整していく。


だから、ダメージも最小限に抑えられる。


経験と、知識があるからこそ出来るカラーを体験してみて下さい。

グレージュカラーが出来るなら、ブリーチしなくてもいいのでは、といわれそうなので、
ブリーチカラーについて、説明します!


ブリーチは単純に言うと、明るくする力しかありません。通常のカラーと比べると明るくする力300%みたいな感じです。


だからこそ、カラーでは表現できないハイトーンやグラデーション等の色が楽しめるんです!


『 カラーは楽しみたい。でも、ダメージが心配 』


そんな方のために、Gallicaではブリーチを細かく調整できるように、ブリーチを3種類用意しました。
ダメージを最小限に抑えながら、デザインに合わせてカラーすることが可能です。
また、グラデーションやポイントカラー等に合わせた提案もさせて頂きますので、初めての方は安心してご相談下さい。

パーマはデジタルパーマと通常のパーマがあります。
この二つパーマの一番の違いは、乾いた髪にかかるか、濡れた髪にかかるかです。
どういうことかというと、デジタルパーマは髪に熱を加え、乾かした状態でパーマをすることで、乾かしてもだれにくい大きなパーマがかかります。通常のパーマは乾かすと伸びやすい分細かな動きの調節やデザインが作りやすいのが特徴です。
ですので、パーマのだれやすい、セミロング以上の長さの方にはデジタルパーマを、ミディアムより短い方には通常のパーマを基本的にはオススメしています。
どちらのパーマにも共通して、言えることは、カットでダメージを出さなければ、傷まずキレイにかかるということなんです。
ですので、パーマでダメージはほとんどでないんですね。
また、薬剤も髪に優しく、臭いを抑えたものにしています。

クセを活かしたい派なのですが、、、
縮毛矯正をしたい。そんな方のために、メリットとデメリットについて書いていきたいと思います!




良いこととしては、クセがなくなる、おさまる・膨らみにくくなる・セットが楽・ツヤがでる。


悪いこととしては、クセがなくなる・ダメージがかなり出る・髪の構造が変わるため、パーマが出来ず、カラーがムラになりやすくなる・質感が変わらないためイメージチェンジがしづらくなる・繰り返してやらないと、根元のクセが気になる・価格が高い・セットに手間がかかる・ツヤがなくなる。


ざっくり言うとこんな感じですが、中には矛盾したことも書いてあるので、説明していきます。


まず、矯正とはどういうことをするのかというと、基本的には、薬をつけて髪を柔らかくして、柔らかくなった髪にストレートアイロンでクセを伸ばし、柔らかくなった髪が、真っ直ぐな状態のまま固まるように、また薬をつける。という感じです。


卵焼きの、卵を溶いて、フライパンで焼いて、形を整えるみたいな感じに近いです。


これによってクセがなくなり収まりが良くなるという感じです。


ただ、その工程が髪にすごく負担をかけてしまうのが現状です。


薬も髪の結合を切るために強い薬で柔らかくし、そのデリケートな状態の髪に200℃近い熱のアイロンで髪をプレスし、伸ばす固めるということをするので、ダメージはかなりでます。


そうすることで、キューティクルや髪をがっちり固まりツヤがでるのですが、卵が卵焼きになるように、髪が今までの髪とは別のものに変形します。ですので、柔らかい質感にしたくても、髪の毛が固まり本来の質感がなくなってるため質感が変えられません。


パーマしたい場合は髪が固まっているのでそれをまたカールさせようとしても、思った動きは出ずに、ダメージが進みます。カラーもその状態を考慮してするのですが、色が落ちたときにムラになる場合もあります。


また根元が伸びたからと矯正をやりすぎると卵焼きが焦げるのと同じで、表面はボロボロになって切れたり…この髪は、二度と元に戻ることはありません。
根元だけと言っても、厳密に根元だけ薬を付け、前に矯正したところは薬が全くつかないというのは技術的に難しいです。


ですので、ツヤが最初は出ても、普段のケアをしっかりしないとダメージによりツヤはなくなってしまいます。セットも収まるので何もしなくてもいいのですが、動きがでないのでペタンとし、質感を作る際はアイロンでの巻きが必要にもなってきます。




正直なところ僕は、矯正をしない派な美容師です。


ただ、昔は自分にも矯正をしてたし、ストレートアイロンも使っていました。ですので、矯正をしたい人の気持ちもすごく分かります。


ただ、ダメージが出て結局広がったり、根元が伸びるたびにやるとお金も掛かるし時間も掛かる。
ずっと真っ直ぐだからイメチェンも出来ない。


自分でやってきて思ったからこそ、デメリットにも目を向けしっかり、話してから矯正はするべきだと思っています。


すでに矯正している方はなくすのに1年以上時間がかかる場合がほとんどです。ですので、やめたくてもすぐに変化しづらいです。伸ばす途中つらくはなるのですが、切りきると今までよりヘアスタイルが楽しめると思います。


クセが気にならず、収まれば、ほとんどの方は「矯正しなくても良かったんだ」と喜んでくれます。


本当にクセが強い人で気になる方の場合はストレートをすることもありますが、クセを伸ばす程度のストレートや一部分のストレートも考えます。




とにかく、その素材を活かすのが一番!
料理も素材がよければ何にでも出来て、美味しい!


素材が傷んでいたり、既に下ごしらえしてたりすると、限られた料理にしか出来ないし美味しくなりづらいですからね!


絶対ダメとは思わないのですが、矯正をする場合は、そのメリット・デメリットを考えて、納得してやっていただきたいなと思います。サラサラヘアーにも憧れますからね。

今回は誰が見てもきれいに見えるカット“最上級のスタンダード”ってあるのかということです。


髪型というよりは、骨格や顔型の話になるのですが、一般的な日本人はモデルさんや西洋人に比べるとハチやエラが張っていたり、大きめの顔に見えやすかったり、立体感がなかったりなどなど、これが必ずしも悪い訳ではないのですが、コンプレックスに思っている人がかなり多いです。


Gallicaでは外国人風のカットが得意と言っていますが、これは日本風が悪いとかではなく、コンプレックスに感じやすい部分を変化させていくと、西洋人の骨格になってくる部分がほとんどだったからということなんです。


一番の理想は、コレクションなどに出ているモデルさん達のような骨格やスタイルと言う感じです。
やはり、誰でもモデルさんには、憧れは持つのではないでしょうか。


必ず骨格は最初に触って形を記憶してから切っていきます。


骨格に奥行きを出したり、ハチ周りのふくらみをなくしたり、立体的に作ったりして、骨格がよく見えてくると、顔も自然と小さく見え、顔が小さく見えてくると、全身のスタイルも良く見えます!
八頭身という言葉があるように、人はまず顔を見て、その大きさを基準になんとなく全身を見ます。ですので、頭が小さいと首や体が長く、ようはスタイルがよく見えるんですね。


つまり、髪型を変えることで、ヘアスタイルが良くなるというよりは、その人自身がきれいに見える。それが、誰が見てもキレイ・イイと思うスタイルだと思います。


そこにデザインをプラスして、ファッション、性格、環境、などなど色々な部分に合わせていく感じです。


長さは変えたくないけど何か変えたい、そんな人には、髪型は同じでも自分がキレイ見える、そんなカットがいいんじゃないでしょうか。

髪にコンプレックスを抱く人は多いです。
ペタンとしやすい・膨らむ、多い・少ない、柔らかい・固い、うねる・動きが出ない等々、
しかし、その逆を言えば、その髪質は活かせば最大のチャームポイントになるんです。
ペタンとしやすい人は、収まりが良い。
膨らむ人は、ふわっとしやすい。
というような感じです。


ただ、ペタンとしやす過ぎるという場合もあると思います。そういう人には毛束感を作って立体的に見せたり。
クセがある人には、収まりを良くして、パーマをしたような動きにしたり…


良い部分と扱いにくい部分の両面を見ながら考えていくことが、大切になっていくんです。


そうすることで、貴方だけの髪を、最大限に活かすことが出来るんですね。

あの人は良いと言うけど、別の人はイマイチな反応…自分に似合う髪型がわからない!」そんな思いを誰でも一度はしたことがあるかと思います。


似合う髪型はその人に合っているということなんだろうけど、じゃあ、似合う髪型ってなんなんだろう?


1,骨格・顔型・体系などその人の形
・・・その人本来をまずは理想的な形にします。誰が見ても美しいと思える形に修正し、土台を整えることをして、出来るスタイルの幅を増やし、その人がキレイに見えるようにします。また、その人の特徴的な部分を無くさずに、目立たせる。という発想も大切になっていきます。


2,髪質・髪の状態
・・・髪質を活かして、似合わなくなることは基本的にないと僕は思います。髪を活かし、キレイに見せていきます。


☆ここまでの段階で基本的にその人を活かすというスタイルは作れます。ただ、それだけでは、不完全!ここから似合わせの考えに入っていきます。


3,ファッション・メイク
・・・その人の服装やメイクを見て、どんな系統が好きかを予想します。その人が好きな雑誌の系統を考え、そこにいるモデルに近いものにしていきます。


4,その人の心
・・・ファッションやメイクはその人の心や性格も表します。モテたいのか、個性を出したいのか、出来る女性に見せたいのか等々、その人の心理も読み取ります。ただ、この時、見た目だけで判断すると、変わりたいと思っている心に気づけないので、話す内容で気持ちを汲み取り、一気に変えたい人なのか、ゆっくり変えていきたいのか、その人のペースまで感じるようにしています。
また、年代によっても、考えや環境が変化していくので、その世代ごとに感覚を合わせていくことをします。


5,性格
・・・その人が明るい人なのか、しっかり者なのか、可憐な人なのか等、性格を見ていきます。人はキャラクター性を持ち合わせています。それは、他人がもつその人へのイメージにもつながります。


ここが一番難しいところなのですが、その人のキャラを見抜いてスタイルを考えます。
キャラを変えたい人の場合は、思い切って変えることも考えます。ですが、そのひとの性格からズレすぎると、似合わないと言われる可能性が高くなるので、お話ししながら提案させて頂きます。
また、こういう顔だとこう見られやすいというのがあるので、それも頭の中にいれています。




5,環境
その人を取り巻く環境も考えます。仕事で責任がある人や信頼をしてもらわなければいけない人、優しい印象に見せたい人、髪を明るく出来ない、校則がある、などの環境を考慮してその範囲から出ないようにします。


6,トレンド
今までのことを当てはめても時代の流れにあっていなければ、古くさくなってしまいます。美容師としてトレンドも考えます。


「似合わせて下さい!おまかせします。」
これはとても、責任がある言葉だと思います。そして、それ以上に信頼して任せてくれた嬉しさがあります。


なぜ似合うのか、説明します。
なぜなら、あなたに自信を持って、「私に似合ってる。私カワイイ・キレイ!」そう思ってほしいから。


その、心からの思いも似合わせに繋がっていくのだと思います。


hair salon Gallica・オリジナルのへアバーム。
 
ワックスのように固まらず、髪の自然な動きを表現してくれる。
 
100%オーガニック製品です。
 
 
畑は化学肥料や化学合成農法、遺伝子組換え農法は使わず、環境に配慮した有機栽培。
 
製造もオーガニック認定工場で行い、認定成分のみを厳選。
 
その信頼の証明としてAOCの認定を通した商品になっています。
 
( ACOはオーストラリアで最大のオーガニック認定機関で、世界でも信頼性の高いオーガニック認定を行っています。
このACOのかなり厳しい検査を通った化粧品だけが、認定オーガニックとして、AOCのマークを付けることが許されるんです。 )
 
 
全て有機認証原料。
 
乳化剤・界面活性剤・防腐剤・酸化防止剤・合成香料などを一切使っていません。
 
全製品がオーガニック認証成分配合率100%にこだわって製造をしています。
 
当然赤ちゃん、敏感肌にも安心。
 
日本でも、ココまでこだわっている製品は中々ないと思います。
 
 
 
ヘアバームは、手の温度で自然に溶け、髪の毛に自然と馴染んでくれます。
馴染みやすいので、小豆一粒分でツヤが増し、スタイリングもキープします。
 
もちろん、全て天然成分ですので、そのまま手や、目元、口元などの乾燥が気になる部分の保湿にも使えます。
リップクリームとしても使え、携帯にも便利なサイズなので、持ち運びもラク。
外出先で髪の毛のパサつきが気になったときや静電気が気になるときにも手軽に使えます。
 
 
香りも、ダマスクローズ・ゼラニウム・ラベンダーを使用。
 
リラックス効果の高い香りにしています。
 
シアバターも精製されていないものを使用することで、肌への有効成分がなくならないようにしています。
 
 
その他成分もホホバ由 アンズ核油、ミツロウなど、有効成分の高い物のみ。
 
 
もちろん、毛束感や、ツヤ感、柔らかさも抜群です。
 
 
私達が作ったかのように話していますが、
 
ここまで、商品にこだわれたのは、調香から、オーガニック原料のことまで知り尽くした、プロの人が助けてくれたからこそです。
 
 
これだけ最高な物を使ってこだわっていますが、工場から直接仕入れだから、3ヶ月使えて料金は税込1620円まで抑えました。
 
良さを体験して使ってもらいたい。だから店頭販売のみ。
 
 
 
本物のオーガニック。
 
信頼出来るから、お店の名前を背負っています。
 
 
『 hair salon Gallica ・ Glossy hair barm 』
 
 
是非体験して下さい。
 
アマゾンからでもご注文できます。 ご注文はこちらから
 

 
ずっと髪とあなたと、この想いを込めた
 
ガリカのオリジナル・シャンプー&トリートメントです。
 
 
 
お店の特徴である。システムトリートメントをしない。
カットだけで髪を傷ませない技術。
 
カットの柔らかな質感と、ツヤ感。
カラーの綺麗な発色
クセのような柔らかなパーマ。
 
お客様にもっと、楽しんでもらいたい。
それを実現出来る、高品質・低価格のものを作りたい。そのために長い時間を掛けて作りました。


 
 
自社工場を持っているメーカーを全国に探し
 
10数社、様々なメーカーの方とこだわりについて話をし
 
サンプルを出して貰い。
 
 
そこから、何度もシャンプーを作ってはスタッフ全員で試すを繰り返し。
 
色持ちや、ダメージ補修、香り、質感、使いやすさetc,,,
 
沢山の注文をつけ
 
 
やっとの思いで完成しました。
 
 
 
こだわりが多すぎて長いですが、、、
 
『 Gallicaオリジナルシャンプー&トリートメント 』の効果です!
 
 
1,色落ち防止・カラー・パーマによるダメージの軽減。
 
高級成分ヘマチンをシャンプーの色が変わる程、多量に配合することで、色持ちを良くし、カラー・パーマによるダメージを軽減してくれます。また、トリートメントのコーティング効果でツヤ感もUP。シリコンは残留しないものを使用しているので、肌にも髪にも安心。


 
2, 高い毛髪の補修効果。
 
髪と同じアミノ酸をベースにし、髪を傷ませません。トリートメントにも多数の保湿成分・アミノ酸等を配合。さらに、髪のベースとなるケラチンと結合する成分により髪を補修し健康で柔らかな髪に戻します。
 


3,紫外線によるダメージ予防。
 
紫外線の吸収効果が高いため、色落ちを抑え、紫外線からのダメージを残しません。
 
4,香りへのこだわり
 
多幸感・リラックス効果の高いジャスミンの香りと、リリー(百合)の香りを用意。防臭効果のある成分で頭皮の匂いをなくし、ほのかに香るように作られています。100種類以上の中から、心地よい香りをスタッフ全員で選んでいます。


 
5,天然由来成分がメイン
 
ベビーシャンプーにも使われてる天然由来成分や、植物由来成分を使っているため、アレルギーなどが起こりにくく、安全性が高いです。
 
6,育毛効果、頭皮の改善
 
育毛効果のあるヘマチンと、頭皮を健康に保つ植物エキスを配合することで、髪だけでなく、頭皮も健康に導きます。また、天然由来成分により、肌の乾燥を防ぎ、皮膚を守るバリア機能を果たしてくれます。
 
 
7,白髪の予防。
 
ヘマチンにより黒いメラニンを作る酵素を活性化。白髪の予防に効果があります。
 
 
8,使い続けやすい価格。
仲介業者を無くしたことや、美容室だからこそ、メーカーと違い広告を出さなくていい・倉庫の必要がない・営業などの人件費が掛からない等。様々なコストをカット出来ました。
 
更に、工場直送・数百万円規模の大量生産により、通常より価格を抑えました。
 
 
 
9,スムース&モイスト2種類を用意し髪に合わせて、好みの質感によって使い分けることが出来ます。
 
 
10,返金保障。
 
自信があるからこそ、効果を感じられなかった場合は、返金します!
 
 
 
 
ただ、デメリットとしては、ケアを重視しているため、泡立ちがとてもいいとは言えません。
爽快感が欲しい人には、向いてないかもしれませんが、ダメージや色持ちなど、髪のことを考える方には、絶対にオススメです!
 
是非お試しください!
 
 
 
 
今まで使っていた、コタのシャンプートリートメントと同じ位の量と質、約6000円に対して、30%以上安くなっています。
 
「ずっと、髪と、あなたと、、、」
 
 
ずっと、あなたの髪をキレイに出来るように、こだわりました。
 
スタッフ全員でお勧めできる自信のシャンプーです!
 
シャンプー選びに迷っている方は、是非使ってみて下さいね。
 
 
アマゾンからでもご注文できます。ご注文はこちらから
 
 

 
なんとなく勧められてトリートメントをしていませんか?
 
カラーが根元からハッキリ明るくなっていませんか?
 
セット剤をいくつも勧められませんか?
 
少しの癖や、ボリュームに縮毛矯正や、ストパーを勧められないですか?
 
カットで、髪がパサついていませんか?
 
 
 
 
カットやカラーで、髪を傷ませて、トリートメントをするのではなく、
傷ませなければしなくていい。それにトリートメントは落ちます。
 
カラーは根元をグラデーションにして持ちを良くすればいい。
 
セット剤はなくてもキマるようにする。
 
癖やボリュームをまず殺す。ではなく、カットだけで、活かすことを考える。
 
カットでダメージをなくしてしまう。できなければ返金。
 
 
 
美容の利益の話をすると、単価を高く。メニューを多く。頻度を多く。商品を沢山買うように。
 
 
こんな話が出て来ます。
 
 
トリートメントなんて、技術ではありません。
 
教えれば高校生だってすぐできます。
 
 
 
傷まない、乾かすだけでキマるカット、しかもトレンドもわかって可愛くする。
 
これは、ただ、努力しただけでは身につかない技術です。
 
 
 
そこに、お金を払うべきだと考えます。
無駄なことには、支払う必要はありません。
 
 
 
私たちは、利益よりも、本気で美容に取り組み、本当にお客様に喜んでいただきたいと思っています。
 
 
だから、誰でもできるトリートメントの後付けで、金額を上げる。
ストレートや馴染まないカラーで頻繁に来店させる。
 
 
そんなことよりも、
 
 
ずっと長く、たくさんの人に支持してもらいたい。
 
 
 
だから、まっすぐ正直に、あなたの為に向き合って行きたい。
 
 
それが私たちの全てです。
 
 
ただ、シンプルに。
 
 
ずっと、髪と、あなたと。
 
 
 
hair salon Gallica
 
 
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
是非あなたのご来店お待ちしております。